一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

2レーン立体レーンチェンジの問題点

しばらく遊んでいて、「何かがおかしい・・・」と感じたので調べてみたら

f:id:evange-cr-c89e:20200513113339j:plain

写真だとわかりにくいのですが、レーンチェンジに侵入する際、リア下段のローラーが路面に接触して後輪が浮いとる!

正確に言うとネジ頭が接触しています。

説明書通りに組み立てたので、規定違反・・・ではないはず。

 

f:id:evange-cr-c89e:20200513113528j:plain

なんか擦った後が・・・。傷がつくことはしかたがないですが、なにしろプラに対し金属が擦っているので、繰り返すと抉れてくるのではなかろうか。

 

オーバルホームサーキットの立体レーンチェンジは「急」なことで有名みたいで、攻略サイトにも「急過ぎて汎用性に劣る」と書いてあって、「なんのこっちゃ?」と買うまでは思ってましたが、これでは確かにセッティングが制限される・・・。

所謂たからばこセッティングが使え・・・なくはないがこのような問題が起きてしまう。

対策するにはリアの下段、車軸より下にはパーツを付けるべからずといったところでしょうか。もしくは、リアステーを高く付けるとか。

ARシャーシのスキッドバーとか、ブレーキとかならいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、やはり後輪が浮くのでロスになったり最悪止まるかも。大径タイヤならもう少し余裕がありそうです。

(後輪が浮くのが正しいってことはないよなぁ・・・。)

3レーンのレーンチェンジでもこうなります?

 

「ブレーキはあった方がいいかもしれない」と昨日書きましたが、気が付かぬ内に、ネジブレーキが利いていたとは・・・。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。