一人舞台

生きづらさに悩む、ダメ人間の「日記」

生き辛さに悩むダメ人間の「日記」

2レーン立体レーンチェンジの問題点 その2

前回リア下段ローラーのビス頭が接触していたことに気が付いたが、もっと根本的な問題に気が付いた。

レーンチェンジを通る際、何やら「ガッ!ガタッ!」と異音がする・・・。

調べてみると

f:id:evange-cr-c89e:20200525181034j:plain

バンパー下部が削れとる・・・!

手で動かして確認してみるとモロに擦っている・・・。

行きはリアが擦れ、帰りはフロントが擦れる。

ミニ四駆本体は勿論、コースもダメージを受けますよね。オーバルホームサーキットのレーンチェンジは急過ぎて汎用性に欠ける」攻略サイトに書いてありましたが、それは「コースアウトの観点から」だと思っていたのだが、こんな問題点があったとは・・・。

 

根本的な解決策ではありませんが、コースをテープで保護するか

f:id:evange-cr-c89e:20200525181436j:plain

大径タイヤで車高を上げてやると、びっくりするくらい静かになります。

しかし、これではセッティングに制限が出てしまう。

アンダーガードを付けるのはどうだろうと思うも、小径タイヤだと恐らく前輪が浮くのではないだろうか。

なるほど「汎用性に欠ける」か・・・。

3レーンでもこうなるのだろうか?