一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

自分にはできそうにない仕事

7月頃より家の前で下水道の工事をしている。

その騒音たるや凄いもので、本は読めない音楽も聞こえない、インターホンにも気が付かないで迷惑していた。

でもベランダから工事の様子を眺めていると、この連日の暑さの中、長袖の作業着にヘルメットという出で立ち、交通整理をしている人なんかは直射日光ががんがん当たるわけですよ。温度計は36℃を指している!

いつしか「大変な作業だなぁ。皆熱中症とか大丈夫かな」とか、心の中で「いつもお疲れ様です!」とか考えるようになっていた。

結局彼らが一生懸命作業してくれるから、普段の生活があるのだ。

とても自分には務まりそうもない作業を眺めつつ、「迷惑だな」という気持ちがいつの間にか「畏敬の念」に変わっていた。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。