一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

残すところ後2カ月

何気なくカレンダーを見たら、気が付けばもう10月ですよ。ヤバいよね・・・。

いつから無職なんだっけ・・・。

f:id:evange-cr-c89e:20201001001758p:plain

就労支援デイケアが8月上旬からずっと休止していて、毎日HPを確認するんだけど、再開の予定すら更新していない。このままだと通う場所が、交流の場が無いんですが・・・。よくは知らない人たちですが、皆あれからどうしているのだろうか。

結局今年も(就労に繋がることは)何もしなかった。「これなら!」と動き出せるような切っ掛けは無かった。過去形だけど、どうせそうなる。

 

今朝Yahoo!ニュースを見た時、「障害があって転職すること30回、その果てに引きこもり、雪かきが切っ掛けで周囲の人と触れ合いが生まれ、めでたく居場所が見つかった」的な記事があった。

30回も転職できる時点で超人の域に達しているような気もしますが、採用する側にとっても「その価値あり」と判断されるような人柄だったのだろうか。

それにしても本やブログやネット記事を見ていると、どうしてそう都合よく理解者や切っ掛けに恵まれるのだろうか?そしてそれが自分には無いのだろうか?とつくづく思う。

まあ、「行動していない」からという事になるのでしょうが、失敗続きの不安と劣等感の塊の自分にしてみれば、「何もない所から行動の意欲は湧かない」これに尽きるんですよね。

尤も切っ掛けがあって、「復帰できた人だけが語ることができる、その価値ありと判断され、場が提供される」ので相対的に多く感じるだけかもしれない。復帰できずに進行形、或いは散っていった人もそれ以上に多いことだろう・・・。

コメントの幾つかには古今東西言われることですが「誰もが好きな仕事に就けるわけではない」と仰る方もいまして、でも一方で多くの人は「苦痛過ぎて続けられなくなる程ではない、辞めることを天秤にかけて、辞めることを選択する程ではない」こうなんじゃないだろうかと考えています。

別に好きでも、興味のあることでなくてもいい。「まあ、特に辞めるほどでは、辞めたくなることではないかな」そう思える仕事が見つかってくれれば。自分にそんなものがあるのだろうか。経験上仕事っていろんなストレスや問題が一度に襲い掛かってくるからなぁ・・・。

最近働いている人たちを見ては「偉いよなぁ・・・」そう思わずにはいられないです。

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。