一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

何をしにカウンセリングに行ったのか

カウンセリング。思い返せばいろんな場所で受けたことがあるんだけど、良かったと思えたのは最初に訪れた保健所だけだった。後は全部「行かなければ良かった」と後悔で終わっている。

今考えても一体何を話せばいいのかわからない。当然向こうが解決できるわけもなく、話して楽になって「よし!頑張ろう!」なんて転換ができるのなら、そもそも問題ではないのではないか。

カウンセリングなんていう説教を受けるくらいなら、寧ろ同じ悩みを持つ当事者で同士で語り合う方がよっぽど意義があるのではないだろうか。話も咲くだろうし、そこから新たな人間関係が生まれることもあるでしょう。

気づきが得られるのはそういうところではないか。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。