一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

Dirtシリーズどれを買うべきか?

個人的なDiRTシリーズの紹介

車やモータースポーツにさほど興味も知識もない。しかし、セガラリーが切っ掛けでラリーゲーにはすっかりハマって今に至る。

コードマスターズの作品が好きで、コリンマクレーラリー1、2、GBA。DiRT2、Rally、4、2.0とプレイしてきた。

昨日も書いたけど、何故かこのブログにはDiRTシリーズ、特に4と2.0の情報を求めてやってこられる方が非常に多い。だが、残念ながらその疑問にしっかりと答えることはできないだろう。

2.0のまとめ記事でも書こうかと思ったけどしんどいので、「個人的に」DiRTシリーズのどれを買ったらいいか、簡潔に紹介してみましょう。

 

一番お勧めなのが最新作のDiRT Rally2.0

 

DiRT Rally 2.0(ダートラリー2.0) - PS4

新品価格
¥7,280から
(2021/1/5 12:17時点)

 5ではなく2.0。あの名作DiRT Rallyの直系の続編なのだろう。

PS4DiRTシリーズの集大成とでも言うべき大ボリュームの作品。全てを堪能するにはDLCを全部買わないといけなくて、金銭的に辛いがその価値はある。いまならシーズンパスが出ているので、自分が買った時より少しお得かも。

全2作の全てのラリー、ラリークロスのコースが(はっきりとは確認していないので多分)収録され、さらに新コースが追加されるという充実ぶり。

車種も大幅に増え、新しくラリーGTなんていうものも。

今まで規模が小さかったラリークロスもコース、車種共に大幅にパワーアップ。ラリーと肩を並べるほどに。

最近コリン・マクレー氏のラリー半生を体験するモードとコース。そして「あの」車達が追加されたので、ファンにはたまらないだろう!

路面の劣化設定やタイムトライアルなんかも実装されたので、ラリーとラリークロスをガッツリやり込みたい人に贈る一本。

走る以外にすることはない!!

ただ、ネット環境がないとキャリアモードがプレイできないので要注意!

 

 

 

次に昨日書いたDirt4

 

DiRT (R) 4・ - PS4

新品価格
¥3,800から
(2021/1/5 12:27時点)

 

基本的には前作DiRT Rallyの流れを汲んだ、ラリーゲーです。

前作と共通している部分が多いものの、ギリシャモンテカルロなどリストラされたコースもあります。

ようやく実践的なチュートリアルが実装。しかし、痒い所に手が届かない・・・。

いまの所本作のみにあるのが、カート、バギー、トラックを操って、オフロードレースを勝ち抜くランドラッシュ。ブロック壊しと変則タイムアタックに挑戦するジョイライド。コースを自動生成できるユアステージ。

この三点に興味が無ければ2.0でいいかなと思います。

 

 

記念すべきPS4デビュー作DiRT Rally

 

DiRT Rally(輸入版:北米) - PS4

中古価格
¥7,479から
(2021/1/5 12:35時点)

 

日本未発売の作品です。

コードマスターズを知る切っ掛けと、ラリーゲーの沼にハマる切っ掛けとなった一本。

全編英語であるし、今なら2.0があるので敢えて買う必要のない作品。ライトがやたらに壊れやすい・・・。

しかしパイクスピークヒルクライムは現時点で本作にしか収録されていないので、興味があればいかがでしょうか。

パッケージを飾るポロ ラリーも同様である。2.0にあるのはR5仕様なのだ。

ラリー037を使って、路面凍結したモンテカルロを難なくクリアできたら、あなたはプロを名乗っても良いだろう!!

 

 

番外編。DiRT2

コリン・マクレー ダート2 - PS3

中古価格
¥2,178から
(2021/1/5 12:43時点)

 

上で紹介した3作はラリーを中心としたゲームですが、こちらはオフロード全般のゲーム。

ラリーやラリークロスは勿論、ランドラッシュのようなモードもあったり、至る所で2方向に分岐する一本道をライバルと走りぬく、瞬時の判断力を試される変わり種のレースがあったりと、オフロードバラエティといった感じのゲーム。

挙動も幾分ゲーム寄りで、セッティングも簡素。難易度調節で初心者から上級者まで楽しめる一本。

全編日本語吹き替えで、メニュー画面ではいろんな洋楽が流れ、レース中もドライバーやナレーションが盛り上げてくれるお祭りのような感じ。

上記3作はストイックというか硬派なので、盛り上がりが欲しいならこれもありかも。

 

とまあ、個人的に思うことはこんな感じです。参考になれば幸いです。

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。