一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

孫と老婆

この時期外を出歩くと、まだ学校は休みなのか公園で遊ぶ子供が多い。

その多くは親はもう仕事なのか、祖父母が面倒を見ていることがほとんどのようだ。

その中に一組の少年と婆さんがいて、少年がサッカーボールを持ちながら「ばあばキーパーってできる?」って聞いているんだよ。

その後も「ばあばのシュートは遅いんだよなぁ・・・」とか話していて、婆さんの返事は「はぁ」とか「へぇ」とかそんな感じなんだ。

いやいや、老婆一人に「その遊び」の相手はきつ過ぎるでしょうと思わずにはいられない。エネルギーの塊の様な遊び盛りの孫の相手を老婆一人で請け負うなど、過ぎた話なのだ・・・。

 

思えば数日前に祖母が「子供が可愛いなんて、最初だけでしょ」なんて洩らしていて、幾ら自分の子供や孫とは言え、「いつもいつでも」可愛いわけじゃないんだなぁと思う。

そして自分にもああいう時期があったことを思い出しながら、「子供って時に残酷だなぁ」とそんな感じがいたします。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。