一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

孤立と孤独と絶望と

昨日も親に「どうするんだ!どうするんだ!どうするんだ!」とまくし立てられ、かなりやられてずっと寝込んでいた。

本当にあらゆる気力を奪い去られて、誇張抜きに体調が悪くなって何もできなくなる。

で、今ちょっと回復したわけです。

 

主観ですが、ひきこもりが例えばゲームに勤しむのは「楽しんでいる」わけではない。

大部分「逃避」に近いと思う。なにしろ何かをしていないと不安と孤独と絶望で押しつぶされそうになる。思考を一旦止め、何か気を紛らわせることが必要なのだ。当座それでなんとか生きていける。

しかし当然、楽しめない。楽しめていたものが楽しくない。自分はそれすら長続きせず、せいぜいがあても無くパソコンの画面を眺めるか、布団に入って天井を眺めるかくらいである。

 

ここ何年も母と祖母以外の人とまともに会っていない気がするし、基本否定する人ばかりである。そう言われても仕方がない理由があることは自覚しているので、反論はしないようにしているが・・・苦しいね。

 

現在の状況としては

唯一の社会との接点であった発達障害向けの就労支援デイケアはコロナの影響で去年の2月頃から現在まで再開未定の状態が続いている。

 

もう一つ、県が運営する精神福祉センターのひきこもり相談所にメール相談から連絡したのだが1週間以上たっても音沙汰無しの状態。尤もあったところでどうにかなるものでもないでしょう・・・。

 

さらに保健所のひきこもり相談窓口という手もあって、自分が20代の頃良くお世話になったのですが担当の人が定年で退職し、縁が切れたものの、どうにもならなくて2年程前にもう一度訪れるもどこから、何を話していいかわからず「就職問題」を話してしまったのが悪かったのか、凄い気まずい空気になって逃げるように帰ってしまった。

調べてみた限り、通える範囲だとこれが限界だと思う。

 

致し方ない状況とはいえ、困っている、寄る術がないのに、そういう人の受け入れ先であるはずなのに閉ざされている気がするのは気のせいだろうか?

 

親の言うように労働が解決してくれるのだろうか?だけどそう思って何度か働きだしたけどやっぱり苦しくて出来なくて、ひきこもり地獄を強化しただけじゃないか。

おかげですっかり自信を無くし、何もできない気がして根強い抵抗感だけが残ってしまった。

この状況から一体自分一人で何が出来るというのでしょうか・・・。

なんで皆生きていけるんだろうなぁ、背負っていけるんだろうなぁ。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。