一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

人を見下す人に何もできやしない

以前「自分より優れた人を見るのがつらい」と書いたけど、じゃあ逆に「自分より下の人を見て安心する」のは良いのか?と考えるとである。

何故なら見下して安心した瞬間、もう成長は期待できないであろう。

例えば自分が絵やギターなどに関して自分よりも下手な人ばかりを探して、「ああ、自分はこの人たちよりは上手いじゃないか!」なんて言って安心したとして、上達するだろうか?努力するだろうか?するわけがない。師範みたいになりたいから努力するのである。

悔しいから、劣っているという意識があればこそ、人は上を目指そうとするわけじゃないですか。安心はそれをもたらしてはくれないでしょう。

他人から学ぶことは多い。とはいえ、やっぱり他人を見るのはつらい・・・。もう適度に他人を見つつ自分を見ることにした。自分を見ろ!

過去の自分から成長を実感し、真っすぐ、横をなるべく見ず(まあ、お手本は必要なので・・・)ブレず、まっすぐ進むのだ。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。