一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

ずっとこのままではいられない

最近思うのは「ずっとこのままではいられない」ということ。

望むと望まざるとに関わらず、変化が来るだろう。そしてそれは「嫌な変化」だ。

良い変化なら悩むまでもない、その時にさっさと行動すればいいだけ。そうでないから受け入れがたく、大いに悩む。

大きな決断をしなければならない時はいつだって、予測不能な「嫌な変化」なんだと思う。

ひきこもり状態は良くも悪くも安定している。社会に適合できなくて、そんな自分を守るためにひきこもるわけですよ。自己防衛かな。行動を起こせないというより、わからないし不安だから現状維持を選択するといった方が正確かもしれない。だから長期化するのだと思う。

そんな状態から行動を起こすためには「根拠」が必要だよね。それは助けてくれる人であったり、居場所であったり、目的意識であったり・・・。

ひきこもり状態を治すには「就労」ではなく、「防衛意識を変える」ことだと思う。

就労はその結果であり、数ある例の一つだと思う。

 

何かきっかけが見つかって自分から行動を起こせるのか、あるいは変化の方から来て、そうせざるを得なくなるのか・・・。

いずれにせよ良い方向にはいかない気がするし、その時に覚悟が持てるのかもわからない。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。