一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

オーロラモデル テンプルナイト 再挑戦!

オーロラモデルのファンタジーメタルフィギュアシリーズで一番最初に作ったのがコレ。

f:id:evange-cr-c89e:20210711152510j:plain

約4cmという小ささと、フィギュアの塗装方は知識と技術がほとんど無かったので満足いくものにはできなかった。

これ以降何体か作って、ある程度仕上げ方も身についたと同時に画風?が違って並べると違和感を覚える・・・。デザインが好きなのでもう一度挑戦することにした。

 

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20210711152829j:plain

 

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20210711152850j:plain

俺式塗装方で統一感のある仕上がりになった。

 

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20210711152947j:plain

 

並べるとこんな感じ。同じフィギュアでも塗装方で結構印象が変わるもんですねぇ。

失敗したからわかるこの感覚。

単なる塗り直しではなくて、髪の色が黄色が強すぎで、影にオレンジを入れるという意味不明なことしたので、もう少し自然な色合いになるよう調整。

顔がのっぺりとしていたので、鼻を形成。肌の色もフレッシュ単色で白過ぎたのを調整、立体感がでるよう工夫。

ゴールドも同じ色を使ったのに何故か発色が向上。メタリックマスターのおかげなのか!?

欲を言えば、表情をもう少し柔らかくしたかったのと剣の塗装を使い古した感じにしたかったのだけど、この辺はまだ修行が足りない。

今後の課題は質感と表情のコントロールになるか。

 

過去の記事で「もう少しなんとかならなかったか・・・!」と書いていたけど、なんとかしたぞ!過去の自分!

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20210711153553j:plain

これまでは塗料皿を並べて塗装していたのだけど、邪魔くさかったのでパレットを買ってみた。

アルミ製で溶剤に強く、すり鉢状になっていて平らな塗料皿と比べて塗料が横に流れていかないのがいい。

これ一つで完結できるから大変便利です!

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。