一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

無職とお小遣い

31歳ですよ。いい年してお小遣いですよ。それも祖母からです。(親は否定的?なので基本親からは貰えない)

この不定に貰える祖母からの小遣い1万円が自分の活動費?なのです。ここから交通費や保険料、たまの病院代などに使って更にいくらかは緊急時の為に貯金しているので、趣味に使える額はかなり少なくなる。

中高年がお小遣い制なのは恥ずべきことか?どうかはわかりませんが、自覚は持っていた方が良いと思う。

ついでに言うと自分から請求したことは緊急時を除き無いです。そこまで性根は腐っていない・・・と思う。

ただ、ひきこもり学の本の幾つかに書いてありましたが、ひきこもりにこそ金が必要なんだとあります。

何故なら自分のように交通費や通院費が必要になる場合もありますし、何より「無欲は無敵」であるとのこと。欲求はある種の原動力になり、それが無くなると何もしない人間になるばかりか、外に出る切っ掛けすらも失ってしまう。

また、お金をあげることで「見捨てられていない」という安心感も与えられるとのこと。

よって、貰えたら恥じらいつつも感謝して受け取った方が良いぞ!中高年ひきこもりの諸君!

まあ、確かに「まあ、お金無いから」でパッと諦めることがかなり増えた気がします。良くも悪くも「働こう」にはならない・・・。

広告収入が入らんものかと切に願っていますが、月に数十円。最低5000円ないと現金化できないし、現在200円ちょっと。なんかもう生きている間に現金化できるのだろうか・・・。

 

ともかく先日頂いたので、念願のDiRT5を買おうと思います。ゲームはコスパが大変優れているからね!

オーロラモデルメタルフィギュアもまた作りたいけど、そこまでは厳しいか・・・。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。