一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

社会のスピードと精度についていけない

これまで働くということにぐちぐち言ってきたけど、ようするに「社会のスピードと精度についていけない」こういうことなんだと思う。要求についていけないと言い換えてもいいかもしれない。

半年経っても一年経っても、皆の後ろを息を切らしながらヨタヨタ走るイメージをずっと持っていた。

 

先日定年になった叔父の話を祖母から聞いた。

高校卒業から一貫して同じ会社で働き続けてきたけど、最初の頃に新人が通らされる「営業」に回されていたら、きっと自分の様になっただろうと。

営業には回されず、会社の配慮?で設計の仕事に就き、それが高校で学んだことが非常に役に立った。本当に運が良かったと言っていたとか。

叔父は周りから変人扱いされ、自分以外のあらゆることに関心が無さそうで、話しかけてもロクに返事をしない人なので、こんな話が出たこと自体が意外である。

妹も数か月前に転職し、今のWEBデザインの仕事が楽しくて仕方がないとキ〇ガイじみたことを語っているとか。(仕事が楽しい・・・?)

適材適所・・・もし自分にそんなきっかけが与えらえたならば、上手くやっていけるのだろうか。どんな風になるのだろうか。自分のことを認めてくれる人の一人でもできただろうか。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。