一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

若者サポートステーションの説明を受けてきた

どうせ就労準備支援の紹介しかされないのではないか?と、はなから期待していなかったし、確かに出た。でもそれよりも思いの外話を聞いてくれて、やっと「そういう事情ならそれに合った仕事を探しましょうか。いきなり働きましょうではリスクがあるから見学や体験ができる所を探してみます」との声が出た。24日また面談をしてその辺りを煮詰めていく予定。

どうしても抵抗があったり難しかったりであれば、A型作業所という選択肢もあるとのこと。それってどうなんだろうなぁ。

なんにせよ、これこそ支援でしょ。準備だけやって「おっしゃー!自信ついた!やる気に満ちてきた!さあ仕事をくれ!」とかなればいいですけど、ありえないでしょ。

今までいろんな所で訴えて、「そのように進めていきましょう」と言ってそれっきりだった。

家族の、息子の、兄の自分という定義でいるのがもう嫌なので、これをきっかけに継続した就労に繋げ、1人で生きていく力を身につけ、家族とも距離をおきたい。独立した、何ものでもない自分になりたい。これが当座の目標。そこまで行ければ後は死ぬくらいしか残らないだろうし、それでいい。

恥を忍んで知能検査の結果まで出したのだ。上手くいってほしい。

因みに某就労支援会社に通って挫折した話を出したら「あ・・・」と渋い顔をしたけど、あまり評判が良くない・・・?

 

それにしても金が無い。今の手持ちが2000円ですよ。31歳ですよ。身から出た錆とはいえ、こういう劣等感とも戦っていかなければならない。

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。