一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

働きたいけど働かせてもらえない

Yahoo!ニュースでひきこもりの記事がいくつか取り上げられていて、昔と比べると批判の声はだいぶ少なくなってきたように思う。

でも、それは理解があるというよりは「もう誰が、いつそうなってもおかしくない」そんな不安や悲壮を感じさせるコメントが目立つような。

自分の思うひきこもりって、いじめからの不登校や20代くらいに退職して、社会に適合できない人が親の扶養のもとズルズルと・・・という感じだったけど、最近だと中途採用に挫折してとか、コロナ禍でという話が目立ってきたように思う。ひきこもりが意味するところも変わりつつあるのかもしれない。

そうこうしている内にどんどん歳を重ねて「働きたいけど働けない」だったはずが、「働かせてもらえない」になっているのではないだろうか。

最近耳にする外国人労働者との競争も増えていくだろうし、自分は生き残っていけるのだろうか・・・。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。