一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

家族の背後に「世間を見る」

恐れていた役員がついに回ってきたし、八日には若者サポートステーションとの求人の相談がある。またそのことで親があれこれ聞いてくるだろう。なんかもう一度に降りかかってきて、不安とストレスが酷い。

 

依然決定の根拠が無いし、採用されたとして上手くやっていけるのか、今の自分で働くことを継続できるのか、全く自信が無い。

そんな状況下で、親があれこれ期待していろいろ聞いてくるわけだ。その無神経さに辟易して本当に嫌になってくる。高校卒業間近のあの時と同じことを繰り返しているではないか。この呪いのようなものからいつ解放されるのだろうか。

仮に自立できたとしても、きっと「ああしてやったのに、こうしてやったのに」と自分を脅迫し、縛り付けるのではないかと確信している。

家族、息子、長男とかそういうもの全部捨ててしまいたい。何者でもない一個人になりたい。なんでそう思うのか。そこには自分を定義し、縛り付けるものしかないし、親や家族の背後に「世間を見る」からかもしれない。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。