一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

おのぞみの結末

f:id:evange-cr-c89e:20211230000355j:plain

自分の一番好きな話を一つ。

 

親しげな悪魔

ある青年がいた。外見は今一つでモテず、金も体力もない冴えない男。

ある日「耳寄りな情報がある」と、老人に声をかけられる。口が上手いので家に上がってもらうと、その正体は悪魔であることが発覚する。

あなたが気の毒だからと、悪魔が三つ願いを叶えてあげようと申し出る。青年は「魂をよこせとか、何か裏があるのだろう?」と怪しむ。

悪魔は「頂けるのなら頂きたいが、大丈夫。無理にとは言わない」

青年は訝しがりながらも、第一に不老不死を、次に金、最後に女性を叶えてもらう。

願いを叶えた悪魔は「では、また」と言って立ち去る。

青年は「また?」と不思議に思って聞く。曰く「アフターサービス」なのだと。

 

その後願い通りに女性が現れ楽しい日々を過ごした後、女性が失踪したニュースをテレビで見かける。やってきた女性にそっくりなのだ。

女性に聞くと、「確かにそれは自分だが、何故かここに来なければいけない気がして・・・」と。

そこに悪魔が現れ言う。「いくら悪魔でも、無から有を作り出すことはできない」と。

ということは・・・?

 

 

金の下りが好きで、自分もほぼ同じことを考えていた。

一度に大金を得ても、人生が狂いそうだから毎月一定額(作中では毎日)20万くらい生涯もらえればいいのになぁと。

久々に読み返してみると、最後の悪魔のセリフが実に皮肉が利いていて、なんともいえない気分になった。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。