一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

幸せ「そう」な人を見るのがつらい

人混みが嫌いの理由の一つがこれで、別に自分に限ったことでもないだろう。

冷静になって考えると、自分が相手を幸せ「そう」と勝手に考えているだけであって、実態なんかはわかりゃあしない。例えば家族連れがいたとして、家では喧嘩ばかりしているかもしれないし、子育てが思い通りにいかず悩んでいるかもしれないし、経済的な問題があるかもしれない。

仮に今幸せだったとしても、「その後も幸せであり続けるのか?」は本人たちにさえわかるはずがない。

つまるところ「他人が」ではなく「自分」なんだよ。今の自分を受け入れられない、許せない。自分と他者とを同一視しない。境界線を引けるかどうかなんだよね。

 

それには多分認めてくれる、受け入れてくれる他者が必要なんだと思う。それでようやく心理的な安心感を得て、自分は自分、他人は他人とわけて考えられるのではないだろうか。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。