一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

皆で発達障害

発達障害について語りあうスレッドをたまたま見つけて、そこに書かれていたのが

  • 努力できない、脳が頑張ることを拒否する。
  • たまに妙に集中力が出るがすぐに尽きて、話に聞く超能力者にはなれそうもない。
  • 遅刻する。うっかりミスが多い。
  • 職場やグループの共同作業を行うのが難しい。
  • 人とうまくコミュニケーションを取ることができない。空気読めない。

そうだねぇ。

うん、そうだねぇ。

いや!ほんっとそうだねぇ!

と頭の中で何度も頷いていた。自分は遅刻はしないし、約束事は早く着きすぎるくらいなんだけど、仕事はいつもギリギリで5分前着が日常であった。「あぶねぇ!ギリギリセーフ!」だと思っていたら怒られた。

中でもミスに関する話で些細なことが些細であるが故に「わざとやっているのではないのか!舐めてるのか!」と思われ、嫌われ孤立する話は興味深い。

自分は言われたことはないけど、今考えると思われてはいたかもしれない。特に高校卒業後に働きだした工場では、いつも上司に怒鳴られていた。

 

結構こういう人多いのかねぇ・・・と思いつつ、周りにこういう人が大勢いたら、こういう話を隠さずに話せたら随分生きやすくなったと思う。

だって、周りの普通についていけないから生きづらいのであって、周りが自分と同じような感じであったら、それはもう「普通」である!

悩みを話せる、話してもいい、皆大なり小なり抱えている、仲間がいる、受け止めてくれる。

それはカウンセリングよりも癒し効果が高いのではないだろうか。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。