一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

コミュニケーションが苦手とは

さて、最近人間関係を築けたらいいなぁとの思いで、若者サポートステーションのセミナーに参加することが増えてきた。

まだ全然、人間関係を作るところまではいけていないけど、セミナーの実践でやり取りをするとか、話し方を見てその人の人となりを観察するくらいはある。

自分は見知らぬ他人とのコミュニケーションは苦手だ。そんな立場から「何がどう苦手なのか」思うところを・・・。

 

考えていくと苦手なのは本当に「他人との会話」そのものにあるのだろうか、疑問になってきた。

初対面、あるいはそれほど面識のない人との会話で何を考えるか?それは

「失礼のないようにしたい」「嫌われたくない」「下に見られたくない」

あわよくば

「よく思われたい」

こんな感情があるように思う。要するに自分を守る態勢のような。

だから自ずとその人との会話よりも、上記に適合するような話し方や話題ばかりを考え、都合よく出てこればいいけど、そうでないから避けたがる人が多いではないだろうか。相手に気を使っているようで、その実中心にいるのは自分という。相手は思い通りにはならない。そりゃあ、苦しくもなりますわ。

会話が苦手な人に人が寄り付かないのは、長続きしないのは消極的態度がもちろんあるだろうけど、どこかそういう心理を見透かされるだろうかとも思う。

最近になって、自分がよく言われた「礼儀正しいのはいいけど、堅すぎてやりづらい」の感覚がなんとなくわかるようになってきた。

どこか壁というか、境界というか、拒否するような姿勢がやっぱり自分にあるのだと思うし、にじみ出てるのだろう。そんな人に人は寄ってこない。相手からも嫌がられると思う。

会話の難しさを考えるたびに、他人との関係はどうすればいいのかを考えるたびに、つくづく「自分本位だなぁ」と思うのです。

守ることをやめて、少しだけでもぶつかり合う覚悟がいる頃合かなぁと。

 

 

 

 

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。