一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

実力云々よりも、気に入られることが大事なんだなぁ

懐疑的ではあったけど、タイトルに惹かれて自己啓発本を読んでいる。人との関わり方とか、会話についてのね。確かにそれが実践できれば、気に入られるだろうなぁと思うことばかりだし、実際明日からでも使えそうなテクニックが多い。

だけども読み物としては退屈極まる・・・。これは読書として楽しむものではない。

なんだか偉い先生が目の前にいて、「ああしないさい、こうしなさい。さもなければ・・・」と延々助言を聞かされているようで、非常に疲れてくる。特定の人にとって役には立つが、とてもつまらない。そんな感じ。

 

2冊手に取ってみただけなんだけど、共通するのは「いかに気に入られるか、人脈を増やすか」多分同じ種類の別の本でも似たような話になると思う。

なんとなくそこに社会の在り方を見るというか、「ああ、実力云々よりも、気に入られることが大事なんだなぁ・・・」とそんな感じが致します。

人によっては苦痛であったり、不快を感じるだろうなぁ。人脈を増やすと確かに縁というかチャンスというか、増えるけど、同時に維持管理もとても大変になってくる。

SNSスマホにあまり縁が無いけど、これらの発達でいつでも連絡が取れるようになったが、その分とても気を使うというか、めんどうになったというか、そっちの世界でも根回しをしなければならないのか・・・という印象を読んでいて受けた。げんなりした。

 

[便利なものが便利であるが故に普及し、いつしか「必要」なものになる。世の中必要なものだらけになったら、こんなに生きにくいことはないだろう。]なるほどね・・・。

 

他人に良く思われようとするならば、幾分自分が不快になることは避けては通れない。人脈が多ければ多いほど、自分の人生の時間は削られていくのだと思う。

まあ、良いか悪いかはそれぞれですがね。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。