一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

そろそろ奴らと向き合え!

プラモデルを「完成」させられる奴とはどんな奴か。

工作技術の上手い人?否!

塗装の上手い人?否!

道具を沢山もっている人?否!

 

答えは一日少しずつでも作業でき、妥協する勇気を持つものである!

最近そう思うようになってきました。

合わせ目消し、塗装、表面処理、ディテールアップ等に手を出すと一層この危険度が上がる!

 

何も考えず、ガンプラを素組していた少年時代を思い出してほしい。

胴体なんかを多色成型し、パーツ分割することなく色分けする謎の技術に感動。

ジュエルシールが入っていた時の興奮。

ビームサーベル、シールド、カメラアイがクリアパーツだった時のゴージャス感。

MGを買ってもらった時の「これまでとは一味も二味も違う感!」

PGに手を出した時の「とんでもないものを買ってしまった感!」

 

ちょっと拘って、塗装と言えばガンダムマーカーや筆塗りの汚い塗装&墨入れ。

はみ出したらカッターで削って修正。傷がついても気にしない。

人によってはクリアコートもあったかもしれない。

ガンプラを買った、作ること自体が一大イベントで「積む」などということはありえない話だったのではなかろうか?

あの頃の感性はすっかり無くなってしまった。

過去の「積み」を清算するか、確実に「完成させられる」物以外はもう買わないことを誓う。積んでいても邪魔なのです!

「こんなに積んでいます」って写真を掲載する奴の気が知れんなぁ・・・。

 

前回のスーパーデルタが危険信号を発しつつも完成できたので、なるべくこの勢いが消えない内に次に移る。

 

知っている人が見ると「ああ!あのヤバいやつかぁ・・・」となるであろう代物

f:id:evange-cr-c89e:20170202170704j:plain

 

三度目の正直。

時々「なんでプラモデル作っているんだろう」と迷いが生じる事ってありませんか・・・?

できたらできたで達成感はあるんだけどね。