これがッ!人生ッ!!

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

仕事体験報告会

自分の様なダメ人間が社会復帰?した話を聞く会なんですが、ニート、ひきこもりの皆さん。これを聞いて参加したいと思いますか?ボクは思えません。

 

何故なら同じことを何度とやって失敗したからです。

 

・働きたいけど就活に踏み出せない

・今まで働いたことがなくて不安

・「自分に合う仕事」って何?

・コミュニケーションがとれるか心配

 

いっつもそう言うんですよ!連中は!

そう言われて、サポステ、ハロワ、地方の支援団体を転々としていましたが、誰も自分の話等聞いちゃくれない。地元の保健所の相談窓口が、唯一しっかり聞いてくれたくらいです。

 

大体ねぇ、「かつては引きこもりでしたが、沢山の支援のお陰で今は週5で働いています」なんて月並みな話を聞いても、ちっとも面白くないんですよ。

チラシの事例の欄、つまり利用者の声的な欄に、正に月並みな事が書いてある。

無職がなけなしの貯金と時間を使って、かの就職説明会の嫌な思い出の残る名古屋に赴くわけですよ。

それ相応の話が聞けるのでないと腰があがらない。

 

趣旨を考えるとしかたありませんが要点をまとめると「転落→支援→社会復帰」形は違えど、おおよそこういう流れになるでしょう。

もっとこう、ニート、引きこもりにしかわからないアングラ臭の漂う話、ほろ苦いメモリーこそを語るべきです。

 

「ダメ人間だけど就職できました」なんて話を聞いても言い方は悪いですが「はいはい、良かったですね」くらいの感想しか持てない。

それを聞いて「よし!働こう!」なんて気になる人はごく少数じゃないですかね。

自分みたいに恐らく親に対するポイント獲得の為に「基本働きたくないが、まあ話を聞くだけなら」と来る人の方が多いんじゃないか・・・。

 

まあ、俺は太っているから行かないけどね

 

いや~就職くらい自分だって何度も経験していますよ。しばらくすると「働いてみるか」みたいな気になって、そしてその度に挫折しているのです。

大体連中だっていつまで続くかわからないじゃないですか。

自分だったらどんなに仕事が嫌だったか、そして現在進行形であることを洗いざらいぶちまけてやるんですがねぇ。

自虐ネタで行きます。もうそれしかありません。ニート資産を活用するのです。