一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

会いたくない

9月に弟夫妻が遊びにくるとかいう話がある。

祖母と母親と妹は去年の12月、向こうで顔を合わせているが、自分は会っていない。

実家と言っても火事を起こして以来、団地の一室だし、祖母の実家も近くにはあるが、叔父もいるので三人を泊めるのには狭いと、両者「来んでもええ・・・」で一致している。

 

でも来ちゃうんだろうなぁ・・・。

正直例のグループの一件で悩みっぱなしだし、嫌っているわけではないが、そうでなくても会いたいとは思えない。

皆で食事にでも行こうとかいう展開は避けて通りたい。社交的な場は居心地が悪い。

好きだとか、会いたいという気持ちは自然で肯定的なものと捉えられるのに、何故嫌い、会いたくないは「同じ自然な気持ち」なのに認められないのか。

向こうが会いたいと思う気持ちと同じくらい、会いたいと思う気持ちが理解できないのである。

友達とは会うのに家族は会いたくないのか!?

いえいえ、価値観、相性もありますし時期、タイミング、気分いろいろな要素があっての事なのです。

こういうとき家族という枠組みは厄介なものとなる。

 

「家族だろ!兄弟だろ!」

 

ともかく、前者は良い人間で、後者は悪い人間みたいな構図が自然と出来上がる気がする。

 

もう長年こんなもんですから人から「会いたくない」と言われても、理由の一つでも教えてくれれば許してしまえる自信がある。

自分自身「なんとなく」人に会いたくないですし、そういう気持ちを理解できるのも「会いたくない」と感じる人だけであろう。

とはいえ、完全に一人でいたいわけでもない。こういう部分も理解されなさそうだ。

 

「人嫌いなんだろう!?」