一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

思い出の一作

心が折れソウル3・・・。前回の挫折から数ヶ月、例のクソトカゲに攻略サイトを頼りに何度も挑戦するも未だに勝てない。

どうも他の皆はアレの攻略を楽しんでいる節さえある。どういう心情なんだ・・・。ぼかぁもう疲れたよ。

あの時何度も付き合ってくれた謎の外国人よ、済まぬ(T_T)

 

気分転換にスーパーファミコンで遊ぶ。子供の頃に遊んだゲームは今になっても時々遊ぶ。そうじゃないかい?

スーパーファミコンシューティングゲーム中でも特に名作だと思う一本。

f:id:evange-cr-c89e:20170901181715j:plain

 

人生で初めて遊んだ内の一本。このゲームの発展形だと知って買ったのは最近のことである。赤い爪のようなデザインが昔から気になってしょうがない。

f:id:evange-cr-c89e:20170901182437j:plain

前作?も多彩な武器、描き込まれたグラフィック、変化に富んだステージが評価されていたが、そこから武器の種類が増え、ショットの性質の切り替え、拡大縮小回転機能を活かしたデザイン等、進化が見られる。

 

f:id:evange-cr-c89e:20170901183430j:plain

 

元々前作もそれ程難易度の高いゲームではなかったけど、そこから更に初心者への配慮も発展、ボムの強化、抱え落ち無し、復活難度の低下、武器を強化しても当たり判定が変わらないなど、初心者というか未経験の人でも安心して遊べるような作風になった。

自分も2回目にはノーコンテニュークリアを達成していた。

上級者には物足りないかもしれないが、そこはオプションで難易度を上げればいいだろう。

BGMもドラムの利いた、どこかノスタルジーを感じる曲から一転、妙にお洒落な曲へと変貌していた。サウンドテストもついているから堪能できるぞ。

 

唯一難点を挙げるとしたら、クリアまでの道のりが長い。

異様に時間が掛かったなぁとストップウォッチで測ったら1時間近く掛かっていた。

そこまで集中力を維持するのも辛いものがあるし、中断セーブがないのが痛い。

それを思ってか、数十分で終わるショートモードも搭載されてはいる。

 

もう時期ミニスーパーファミコンが発売されるけど、ラインナップを見てもオーソドックスなSTGが一つも無ぇ!

これはどうしたことか!まあ、各々思い入れの一作があるだろうし、あれが無い、これが無いという意見が出るのも仕方のない事です。

しかし、せっかく中断セーブが出来るのだから、長丁場が欠点のこれを入れても良かったところである。各々で追加出来ないのがつらい。

権利関係か、マイナー過ぎたのか・・・。