一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

ダメだった

今日も就職支援会社の体験会の予約を入れていて、今までは責任感で何とか頑張ってきたのだけど、今朝猛烈に行きたくなくなってしまって、謝罪の電話と代わりの予約を入れる事態にしてしまった。

確かに休めば一時の安堵は手に入るけど、同時に自分のダメな部分を痛感したり、迷惑を掛けてしまったという罪悪感を覚える事だろう。

数年前の病院のディスカッションもそうだけど、「まだ、仕事にすら就いていない」のにこんな調子で残りの人生を乗り切っていけるんだろうか・・・。

仕事そのものも非常につらく苦しいことばかりだったのに、その前段階の支援も同じお様な状態とは、なんという皮肉なんだろうか。

 

平気な人は問題なくできちゃうんだろうな。嫌になってくる。