一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

就労移行支援 合わない

来週定着支援の申請のための面談があって、それが終わって「こいつなら良し!」と認められれば、一か月後に支援を受けることが出来る・・・のだが・・・。

何度通っても施設の雰囲気に馴染めないし、世間一般的なやり方が、どうしてもダメだからと、藁にもすがる思いで頼っているのに、結局一般、もしくは障害者就労を目指しましょうといった塩梅。

 

どの広告でも口当たりのいいことを言ってはいるが、全員が全員上手くやっているとは思えませぬ!当の自分もこういう支援施設系は3か所くらい通っていたが、どれ一つとして合わず、嫌になって勝手に就職を決めたりしていた。

仕事が上手くこなせるなら、あんな所に通うよりずっと楽である。

絶対「支援が既に苦痛という奴がいるはずだ!」そう思い、ちょこっと調べてみたら早くも検索候補になんか出てきた・・・。

 

 

就労移行支援 合わない


就労移行支援 通えない


就労移行支援 行きたくない


就労移行支援 意味ない


就労移行支援 実態


就労移行支援 辞めたい


就労移行支援 就職できない


就労 移行 行き たく ない


就労移行支援 無駄


就労 移行 支援 辛い

 

見ていてちょっと吹き出しそうになりました。

こんなにもダメ人間が多いというか、やっぱり皆同じことを考えているんじゃないか!と。

大体支援も発達障害系だと、期間が2年と決まっていて、それが過ぎたらはい、さよなら。もう一度受けるのも難しいという。

職員にも元当事者がいる場合があるから、理解もあると言われることがあるし、現在自分が通っている所も該当しますが、「当事者だったから、気持ちがわかる、理解してもらえる」なんていう安直な考えは、体感的に自分は成り立たないと思っています。

どうしてこう、この国のやることなすことは敗者やダメ人間にいちいち厳しいのか・・・。

支援なんて言いつつ結局ビジネスですよ。その点を割り切って考えていかないと悲しい結末になります。

結局、意志表示がはっきりしていて、とっとと就職できそうな奴に職員も尽力するんだと思う。

 

調べていく中、こんな話がありました。

自分の中で論理的な意味がつながらない情報はどうしても覚えられない

自分で意義の納得できないことをやることに強い苦痛を感じる

いや~耳が痛い。実に痛い。痛すぎる・・・。

後は周りの人の話し声が気になるっていうのもあったりしないですかね?

 

逆にこれだけ「嫌だ」という強い意志?があるのだから、そのエネルギーを何か別の方向で発揮出来たりしないものだろうか。