一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

何故死ぬことを考えなければならないのか

自分が何かの問題に打ちひしがれて、死ぬことを考えていたとしようか。

この人の動画が面白くてよく見ていて、その時に思ったのが


自撮りサバイバル!「ザ・秘境生活 シーズン2」 ディスカバリーチャンネル

同じ状況にほっぽり出されたら、死ぬことなんて考えるのだろうか?ということ。

 

まずは水の確保、次に食糧、寒ければ暖を・・・と無我夢中で考えるんじゃないだろうか。

死にたかったことなんて忘れて、何よりもどうすれば生き残れるか?そう考えたりしないだろうか?

なのに実生活では何故死ぬことを考えるんだろうか?足りているから?手に入らないから?

 

他かにもベア・グリルスという人が同じような事をやっていて、両者共に生きていくのに水が!食料が!寝床が!火が!と言っている。

現代で生きていくのに何が必要かと問われると、財布の中に入っている紙と金属片だと大半の人が答えるんじゃないだろうか。なんだかなぁ。