一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

この技術を習得できると、人生が幾分豊かになる気がする

最近散歩に出ると落ち葉が目立ってきたり、ひらひら舞っていたり、景色はすっかり冬景色である。

その時に拾ったどんぐりがいいモチーフになるかなと描いてみた。

どんぐりなんて手に取ってみたのは何年振りなんだろうか。

f:id:evange-cr-c89e:20181203230114j:plain

厳しいかなぁ・・・。前に描いたジャガイモも小惑星の絵みたいになってしまったし。

未だ立体感、質感、影のつけ方がわからず。

 

それにしても散歩に出ると見慣れたはずの風景でも、大なり小なり変化があって、あらゆるものが絵のモチーフになると思う。

〈雑木林が根こそぎ伐採され、住宅街になるという悲しくつまらない出来事も・・・)

例えば木を取ってみても、枝や葉の生え方、大きさや色や形、一つとして同じものは無い。

見るたびにどう描こうか?どう描いたらいいのか?と考えるけど、描ける自信がないと見送ってばかりいる。以前はそんなこと考えたりしていただろうか。

自信がついたらいつかは外に出て描いてみたいものである。

 

絵を描いている時は妙に集中力が出るし(描き始めるまでが重いが・・・)散歩をしていても、ぼんやりと物思いに耽っていたり。

そうしていると自分が何を大切にしたいのか、何となくわかってきた気がするような。

就活がどうのこうのとかいう話はもういい加減終わりにしたい。

そこからは精神をすり減らし、絶望するだけで何も得るものが無い。

 

明日死ぬとしたら何をしますか?