一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

自分を信頼できるのか

皆様、いつも閲覧とスターをありがとうございます。

 

さて、先日「セミナーやデイケアなどの社会参加はそれなりに安定したけど、未だ就労問題を放置し続けているのは、やっぱりマズいですよね?とはいえ・・・」というようなことを若者サポートステーションの臨床心理士の方に相談したら「であれば、君の担当者に相談したらいいのでは?」と。

それは去年の11月辺りに書いた、あの老人男性である。事情は説明したとはいえ、苦手意識があるし、今の心情や段階で就労の二文字を出すのは、とてもためらわれる・・・。

 

どうしたら、根強い抵抗感を乗り越えていけるいけるのかを考えると、やはり「根拠」ではないかと思っている。

しかし、仕事に対する興味のカードを自転車屋で失い、一方的な支援に耐えかねて、もうこうなったら働くしかない!という勢いのカードも前職の検査の仕事で失ってしまった。

たった2回の失敗じゃないかといろんな人が言うけど、仕事とは働くとはなんとつらいことだろうという傷や、沢山迷惑を掛けてしまったなぁという負い目というか、自信を喪失して、前に踏み出せない人間だけが残りましたと。

確かにどこか適当な所に面接に行って、採用されることくらいはできるかもしれない。でも長期的に続けていく難しさや、何かつらいことがあると簡単に折れてしまう問題があると思う。だって支えてくれる根拠が無いから。なんとなくとか、責付かれてでは何度でも挫折する。辞め癖とは実はこれのことではないのか?これを乗り越えていくために根拠が必要なのだと。

 

一方根拠さえ見つけられれば、案外なんとかなるのでは?とも思う。

心理士さんが前に言っていた「誰かのため」なんて素晴らしいし、事情を知ってくれた上で、やってみないか?というお誘いでもいい。ここなら上手くやれるという実感でもいい。あるいはそれを誰かが教えてくれるとか。ここなら君は大丈夫だろう。何故なら・・・と根拠を示してくれるのなら、その人を信じて立ち上がれるかもしれない。

つまりは待っているんだよね。ある作家さんに言わせると、人生は所詮棚から牡丹餅。棚にある牡丹餅をかっさらっていける人はいいけど、そうでないならせめて棚の下に行って、皿を差し出すくらいの努力はしなさいと。

自分にとってのそれは、サポステやデイケアの参加で、そこで「現状は働きたくないです。何故なら・・・。だけど根拠があれば云々・・・」と訴えていけば、何かみつかるかもしれない。現状できるのはこんなところなんだけど、親に説明しても

バカなこと言ってねぇで働け!

と、きっと責められるだろうなぁ・・・。

 

 

羊毛フェルトが教えてくれること

単なる興味本位で始めた羊毛フェルトが自分に新しい視点をもたらしつつある。

それは「人のからの評価や反応」だ。

先日デイケアに参加した時に職員から教えてもらったのが、どうやら自分が羊毛フェルトで可愛いものを作っていると話題になっているらしいということ。

毎週金曜の午後にこれをやっているのは自分一人だけなので、目立つのかもしれない。

学生時代から一貫して空気のような存在だったのが、ここに来て謎の存在感を放ちつつある?これは凄い!

それと同時に「そうか!可愛いものを作るとウケるのか!」とやる気も出るし、実現可能かどうかはともかく、ネタも浮かんでくる。

デイケアならではの利点もある。材料費がタダである!フェルトやキットを買う余裕は自分にはないのでこれは助かる。

そして最も大きいのが前述の人のからの評価や反応である。

羊毛フェルトなら別に家でもできるのだけど、他人からの評価はだけはどうにもならないだろう。まあ、評価そのものはブログやツイッターなどでなんとかなるだろうけど、自分の知名度など無いに等しいし、実際の人と人との触れ合いに勝る実感はないのでは?時折声を掛けてくれる人もいるし、ひょっとしたら新しい人間関係もできるかもしれない。一人では絶対にできないことである。

 

見てくれたり、褒めてくれたり、面白がってくれる人がいると、意欲がでる。結果伸びる・・・かもしれない。羊毛フェルトがそれを教えてくれる。批判やダメ出しはつらいものだけど、それさえ成長には活かせるであろう。

 

 

 

 

それはさておき、就職だとか自立だとかどうすればいいのやら。つらいことばかりじゃん!という実感は全く変わらない・・・。

人間関係、肉体的、精神的なつらさ、仕事についていけない、長時間労働、残業、休日出勤、朝起きた時の絶望感・・・一度に襲い掛かってくるのがいかんわ・・・。

 

 

 

人間関係は難しい、上手くいかな・・・いや、違う!

毎週金曜日はデイケア。午前はソーシャルスキルレーニング。午後は孤独の羊毛フェルト部。

最近デイケアに通って思うのは、若者サポートステーションよりも居心地がいいのでは?ということ。最近のサポステは卒業したのか、来なくなったのか、それに合わせるように新しい人が入ってくるようで人の移り変わりが激しい。

以前はメモを取っていたけど、覚えてもすぐに来なくなる。そうこうしている内に知らない人がどんどんと・・・。どのみち関わることもそれほど無さそうだから、もう顔と名前を覚えることは諦めてしまった。ついていけない・・・。

その点、デイケアSSTの方はメンバーはほぼ変わらないし、スタッフもあれこれ試行錯誤しているし、考えたり発表したり、他の人の意見を貰ったりと実りが多い。

 

羊毛フェルトの方はOさん来てくれるか!?と思っていたけど、今日もダメか!

まあ、自分と違って短時間とはいえ働いている方だし、同じく毎週金曜日に参加と言っていたけど、体調とか都合とかいろいろあるのかもしれない。同じ目線で話せる相手がいないとは、今日のサポステにはKさんやOさんが参加することを確認済みで、どちらに行くかを迷った末での判断だったのに、誠に残念であります。

 

 

今日の作品

前回ねずみを作ったので、付属品?としてチーズでもということで思いついたもの。

綺麗に形を整えるのはとても難しく、こういった基本的な形を作れるスキルが無いと、応用も難しいだろう。

 

さて、人間関係を育むのは難しいものだなぁ・・・。全然上手くいかないなぁ・・・と、最近しみじみ思っていて、それは何故かと考えたら、会話や意思の疎通が難しい・・・のではなく、そもそもそれ以前に全然会えないことに気が付いた。

人間関係を作るうえでは、話し方はとても重要

今日も若者サポートステーション。一応名目上は、「お金について学ぼうセミナー」だったのだけど、例によって人が多い、奥の相談と他業者の商談の声が大きくて、目の前の職員の声と混じって全く集中できなかった。

その上最近人の移り変わりが激しいというか、知らない人ばかりで、いつものKさんや最近気になる男性利用者Oさんも不在(望みが薄いことは先日把握はしていたけど)ときては話し相手がいない。退屈極まる。何をしに行っとるんだお前は・・・そんな感じでした。交通費が掛かっていたら、なんと落胆することだろうか。

とはいえ、お金の話よりも学ぶことはあった。自己紹介の話を聞いていて、「人間関係を作るうえでは、話し方はとても重要だということ」

自分の身で考えてみても、どういう時に人に興味を持つのか?どんな人だったら話かけたくなるだろうか?と考えたとき、その一例は声の大きさやリズム、テンポ感、話す長さ、活舌、これらが自分と近い人に興味を持つことが多い。個人的にはここ超重要!

自己紹介や意見発表の時の喋り方を聞いていて、子供っぽいもったりした?しゃべり方とか、ぼそぼそと聞き取りづらい喋り方とか、早口で忙しそうにしゃべる人とか、話が長い人などは、もうそれだけで関わることはないな・・・という印象を持ってしまう。

まあ、あくまでこれは自分の考えが人に話をする時には「伝える、伝わる話し方を簡潔に」という意識で少しゆっくりめに、はっきりと、短くと考えているから、受け取り方は様々でしょうが。

世では誰にでも分け隔てなく、愛想よくできる人が尊いとされるけど、それのなんと難しいことか。通常、自分と感性が違うであろう人とか、話しの感覚が違う人とか、何の興味も関心の無い人に労力を割こうとは思えないでしょう・・・。

Kさんの例でいくと、興味や親近感があるからこそ、隣の席を確保したり、話題を考えたり、どうしたら自由に喋ってもらえるかと、あれこれ考えるわけじゃない。それ自体が楽しいというか、面白いというか。

 

だから、友達にしろ恋人にしろその他にしろ、人間関係を作りたかったら話し方を意識しなければならないと個人的には思う。

気になる相手がいて、感覚が違うのであれば合わせる必要があるだろうし、それが難しければ、似たような感性の持ち主を見つけるか。

セミナーとなればいつも人が集まるのに、皆どこかしら似たような事情を抱えて来ているのに、何故誰も話掛けたり会話が始まったりということが全くないのであろうか?と疑問に思っていたけど、苦手意識よりも案外誰をも興味が持てないのかもしれない。興味関心を持つところまでいけないというか。以前そんなようなことを語っていた人がいた。

 

就労支援の交通費について

就労支援を語るに外せない「交通費問題」ってありますよね。まあ、就労支援に限ったことでもありませんが。

支援を受けるにあたっては基本無料なんですけど、場所が悪いと交通費が掛かってしまう。ここにどうしようもない格差があると思っている。

自分は若者サポートステーションにしろ、デイケアにしろ、片道1時間半程度かけて歩いて行っているので、交通費は一切掛からない。デイケアは一日辺り770円で週四日なので、月額4000円の部費でギリギリ行ける。よって気軽に出られるものには極力出るなんて芸当が可能。

自分のように長時間歩くことが苦にならないとか、自家用車や自転車で来れる範囲なら問題ないでしょう。だけど、そうでなければ決して安くはない交通費を払い続けなければならない。

例えばサポステのセミナーなんかは参加者がまちまちなんですが、金が掛かる以上「これは!」と思えるものでないと参加する意欲が持てないのが原因では?と思います。

失礼ながらセミナーは直接就労には役に立たない。人間関係を求めても、自分から積極的に関わっていこうとしなければ何も発展しない。相談しては自分の嫌な面と向き合ったり、意見を被せられたりと、居心地の悪い会話になる。

結果はどうあれ、ただでさえ無い金がじわじわと確実に減っていく。自分なりに意義が見いだせないと、かなり焦るしつらいでしょう。いつしか参加する気力を失くしてしまう。そんな人もいるのではないでしょうか。自分がL〇T〇LICOを辞めた理由がそんな感じでした。交通費で前職で作った貯金をほとんど失ってしまった。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。