一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

現実とゲームが一体となった瞬間

f:id:evange-cr-c89e:20170604085625j:plain

不思議と続いていて上手くもならず、といって下手にもならない万年中堅な順位を維持し停滞していた。Eliteから先に進めなくなってしまった。

今まではラリーしかやってなくてパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムモードがあったことをすっかり忘れていた。

 

f:id:evange-cr-c89e:20170604085639j:plain

 

パイクスピークとは調べてみたら北アメリカ大陸・ロッキー山脈にある山の一つで、その参道を頂上目指して走っていく競技ですね。

天候も晴れているし、路面もアスファルトだからそんなに難しくはないかな?思っていたが甘い甘い・・・。

スピードが出る分、グリップを失い滑り出すし、コーナーがこれまたキツい!

未だにドリフトをマスター出来ず、サイドブレーキを使って曲がれと言われてもスピンするか激突するかのどちらかだ。

誰かタイミングを教えていただけると助かります。

長いものだと完走まで10分近くかかる事もあり、その間もコ・ドライバーの指示も無しに集中力と的確な判断を強いられるので、完走は慣れた人でも難しいのではないかと思う。

f:id:evange-cr-c89e:20170604085705j:plain

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20170604085721j:plain

 

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20170604085758j:plain

この白い枕みたいなヤツも実際にあるんですねぇ。

 

 

高地ともなると隣はすぐ崖下で、転げ落ちたら命に関わりそうだと思っていたら・・・。


Pikes Peak International Hill Climb | Crash Compilation | HD

いや~命がいくつあってもたりない。

こんな所を全力疾走するなんて正気の沙汰ではない。パイロット視点だと手に冷汗を

搔いてしまいます。

自分のプレイだと、だいたいいつもこんな感じである・・・。

 

かの有名なセバスチャン・ローブ氏の動画を発見!


Sébastien Loeb's Record Setting Pikes Peak Run - Full POV

こうして映像を見ていると本当にゲームと同じコースで感動してしまいます!

おお!そうやって曲がるのか!とかここのコーナーきついんだよね!とかスピードのロスが少ない!等参考になる事も多い。

素人ながらにも彼の走りは派手さはないが堅実だ。(後で調べたら正にそんなような事が書いてあった)ヘアピンが来ようともドリフトはせず、グリップ走行でしっかり曲がっていく。

自分もそうした方がいいのかな。

当たり前だけど上手いこと!上手いこと!いつかはあんな風にスイスイ走って行きたいものである。

 

こういう映像でゲームと照らし合わせていると、ラリーの世界を疑似体験しているようで面白い!

それまで車には全く興味は無かったし今でも基本そうなのだが、ラリーの世界はそんな人間をも引き込む魅力があるように思う。

好きな人には申し訳ないが、他のモータースポーツNASCARが気になるくらいでイマイチ興味を持てないのである。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。