一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

突然話しかけられる恐怖

今朝日課の散歩に出かけていた時に、池の周りの散歩コースでよく見かけるおばちゃんに話しかけられた。

すれ違いざまにこんにちはではなく、わざわざ近寄ってきてこんにちはなので、その後に会話が続いた可能性が高い。

「うわ!なんだなんだ?何を聞かれるんだ!?」と冷や冷やして思わず手で遮って「すみません、無理です、ごめんなさい」の無言の意思表示をしてしまった。

後でいきなりあの態度は失礼だろうと考えるも、無意識のうちに出てしまったのでしょうがない・・・。

 

最初に「よく見かける」と書いたけど、裏を返せば「自分もそう思われている可能性が高い」ということだし、昼間は若者は自分しかいないので目立つだろう。

そういうこともあって話しかけられたのかもしれない。

であれば「よくここを通りますねぇ、ご職業は何をされているんですか?」なんて万が一にも聞かれようものなら、走ってその場を逃げ出したくなったであろう。あそこで道を聞かれるとも思えないし、そこから運命的なチャンスを掴むことになる!とかいうドラマみたいな展開になることもありえないだろうし。

そう聞かれたら「お!何かできそうなものを紹介してくれますか!?」と返すくらいのユーモアがあっても良かったかもしれない。

後でいくら考えてもどうしようもないが・・・。

 

人が失礼な人間になるとしたら、それは他者がいるからに他ならない。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。