一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

補助線に苦しむ

記憶にある限りでは、初めての肖像画に突入。

f:id:evange-cr-c89e:20191113222135j:plain

一回目。まずまずの出来。今となっては覚えていないのだが、どこかに不満があったのでもう一回描くことに・・・。

 

f:id:evange-cr-c89e:20191113222252j:plain

二回目。顔が縦に伸びとる・・・!どうしてこうなった!?

 

f:id:evange-cr-c89e:20191113222346j:plain

ダメ押しの三回目。こちらも縦に伸びかけたが、なんとか修正するも一回目みたいなバランスにはできず・・・。描けば描くほど上手くなる・・・わけではないのか・・・。

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20191113222510j:plain

こちらは説明の殆どないミニレッスン。またもや顔の比率がおかしい。

このレッスンをやっていつも思うのは、描くときにバランスを崩さないように「補助線」を最初に描くわけですが、ここがすでにできない!

「補助」とは言え、これが顔のバランスを決めるのだから、狂っていたら当然仕上がりも崩れてしまう。

 

f:id:evange-cr-c89e:20191113222757j:plain

もういっそ補助線を無視してしまおうと描いたら、だいぶまともに。

形を取るための「補助線」なのに、それに苦しめられるとは何たることか・・・。

どうすれば良かったのだろうか。「絵を描けるようになりたい」そう思って、毎日少しづつでも描き続けてきたけど、いい加減形くらいはしっかりとれるようになりたい。

上達しないのは「漠然」としているからかもしれない。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。