一人舞台

生きづらさに悩む、ダメ人間の「日記」

生き辛さに悩むダメ人間の「日記」

敬語の勉強

敬語マニュアルの本を買って毎日少しづつ敬語の勉強をしている。

礼儀正しい品のあるニート。出来るニート。一味違うニートを演出するには不可欠だろう。

しかしそうでなくても、いろんな職場で「言葉遣いが固すぎてやりづらい」と言われたことを思い出す。さじ加減が難しいし、聞きなれない言葉もあるのでなんか「伝わるのか・・・?」という不安がなくもない。

「御御御付け」なんて、なんと読むのか、何のことなのかわかりますかね・・・?

そして同時に思ったのが、皆が皆きちんと敬語を使えるようになったら品が、価値が薄れるよなぁ・・・と。

下品な人がいればこそ、品の人ある人が引き立つ。引き立て役が必要であるし、「使えることが当たり前」だとそれこそマニュアル対応みたいになって、かえって気持ちがこもらなくなり、「礼儀正しいねぇ」という感じも無くなるのではないだろうか。

頑張っても出来ない奴がいるからこそ、出来る奴が引き立つ、価値を帯びるのだ!

偏屈な考えだろうか。

 

因みに自分は殆どの事で引き立て役になるだろう・・・。