一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

仕事は事故

過去3度の就労経験を振り返るといずれも「事故」としか言いようがなかったと思う。

自分の出来の悪さに上司も自分自身も誰も幸せにならない。特に自転車屋なんかはそこに「客」が入るわけですから、被害はさらに大きくなる。情けないやらなんやらで、休憩室で一人何度涙を流したことか・・・。

考えれば考えるほど、その原因を作ったのは自分でありその現実を引き受けるしかない。自分が望み通りに動けていれば、誰も不満も怒りもしないでしょう。自分は厄災なのか。

 

時給幾らで月に何回働けば、これだけの収入になる。要するに働いて収入を得ろ!という話を聞いたりされたりしますが、収入を得る重要性を理屈では理解しつつも、天秤にかけると「恐怖、不安、比較」の方がずっとずっと重く、動き出せないのである。

「どうしたらいい?」その問いを持って行く場所は、現状無いのである。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。