一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

色鉛筆で風景画を描こう

f:id:evange-cr-c89e:20210523220002j:plain

 

わからん。描けたんか?これは。

最近自分でも「描けた」と「上手く描けなかった」の境界がよくわからなくなってきた。自分で描いておいてどう判断すればいいのかわからない。

とりあえず、林の描写を線で描いてしまったのは失敗だったか。寝かせて描くとどうしても色が淡くなるんだよなぁ。

この「どう描けばいいのだろうか?」という悩み方はいい加減卒業したいけど、何を描いても迷ってばかり。人生と同じだ。

体感的には初心者の内は「リアルに描く」は一旦忘れた方がいいかもしれない。確かに上手さの指標にはなるけど、そこに固執し過ぎるとストレスになるとも限らない。「なんとなく抽象画」ということにしておこう。

そもそも「上手いかどうか」は自分では決められない。上手いと思っていた絵が下手と言われることもあれば、その逆も然り。

そこに焦点があり続ける限り、ずっと悩まなくてはいけない。

一方「好きだから、表現したいから描く」人は、上手いかどうかなんて気にしないのではないだろうか。自分もそうありたいものだね。

 

ところで実際にはもっと色が乗っているんだけど、写真に撮ったら白っぽくなった。なんでや。

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。