一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

色鉛筆で描いた木の理想と現実

以前木の描き方がどうたらこうたら言っていて、よく見たら描き方が載っていたので描いてみた。

 

理想

f:id:evange-cr-c89e:20210628154317j:plain

 

 

 

現実

f:id:evange-cr-c89e:20210628154338j:plain

この絵の元になった写真の方を見て描いたとはいえ、改めて見ると全然違う・・・。傷んだブロッコリーみたいになってしまった。

手順としては全体を黄色で描いてしっかりと塗る。次に青を塗り重ねて緑を表現する。最後に黒で影を濃くといった感じ。

緑があるのに敢えて使わず、重ね塗りで表現というのが驚きで、かなり塗り込んだつもりなんだけど、明らかに見本程色が乗らないし、緑にもならない。

もうこれは色鉛筆の違いってことでいいね?見本は心なしかクレヨンのようなしっとりと質感なんだけど、自分のはサラッと乾いた質感である。何か関係があるのでしょうか。1本300円くらいする高級色鉛筆を使っている方は教えてほしいです。

後は表現も難しい。影や質感をぼんやりとした感じにしたかったのだけど、立てようが寝かせようが「線」になってしまう。

この鉛筆の動かし方も謎である。誰かに学ぶことができたら変わるだろうか・・・。

 

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。