一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

初めてのワイン

生協を取っていて、興味本位でワインを買う。酒は弱い方で、飲み会に連行された時もほとんど飲まずにいた。ブドウジュースのようにも見えるワインならどうか?と。

飲んでみるととにかくアルコール臭がきつ過ぎる!独自の苦みと舌がヒリヒリするような感覚で、ブドウの味が全くわからない・・・。しばらく舌で転がして、ブドウはどこだ!と探せどもわからず。一日の適切摂取量とされる200ml飲むのもかなり苦しかった。

飲み終わったグラスの匂いを嗅ぐと、確かに甘いブドウのいい香りがするのだが・・・。

なぜ、これを美味いと言って皆飲むのか理解に苦しむ。アルコールはいらんでしょ。ブドウジュースの方が美味いよ。

 

ただ一点。

酔いが回って、体がほんのり暖かくなって、頭もボーとして考えなくなる・・・というより脳が正常に働かなくなる感覚は救いかもしれない。

確かにあの状態だと悩みや不安から一時解放されるような気がする。酒の味に関しては否定的だけど、拠り所として、皆が酒を手に取る気持ちもわかろうというものです。

いや、やばいでしょ・・・。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。