一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

ひきこもりを脱出できる唯一の方法

なんていうキーワードを見つけたので、当事者であり素人である自分もアクセス数稼ぎという邪悪な目的のもと、何か書いてみようか。

まず「唯一」と縛る意味がわからない。原因一つとっても様々である。自分のように仕事がつらすぎて無理!という人もいれば、いじめやパワハラからの人間恐怖や鬱の人もいるだろうし、どちらでもないし、すぐに働く意思はあるが、年齢的なことで採用されずに・・・という人だっているだろう。

脱出を経済的な自立と定義するなら、結局「安定した就労」になる。

脅すとか、怪しげな支援に頼るとかは厳禁だ。修復不可能なまでに関係が悪化してしまう。

 

 

 

 

 

仕事とかつら過ぎて無理!って人は

支援の手を借りるなりして、辛抱強く上手く働ける場所を探す。全国規模で無料となると、国がすすめている「若者サポートステーション」になるか。自分は2022年1月現在利用中。

抵抗がなければ、プログラミングなどのスキルを身に着けて、HP作成やアプリ開発なんかもいいかもしれない。

ランサーズやサグーワークスなどで、できそうな案件を探す。

自分は諦めたけど、ココナラでなにか面白そうなものを出品してみる。

A8ネットやGoogleアドセンスを利用して、ブログの収益化を目指すとか。よく話題に挙がるので、絵が描けるのなら漫画とかがいいかもしれない。Amazonで出品もできるだろうし。

 

 

 

対人恐怖や鬱の人は

精神科や心療内科などに通って、まずは傷をなんとかする。並行して最寄りの精神保健福祉センターに相談に行くと良いかもしれない。ひきこもりの対応は勿論、精神的なことでも対応してくれる。対面が苦手ならメールでのやり取りも可能で、自分も利用しています。行ったのは随分昔になるけど、当事者同士の集まりもあるからステップアップに使うといい。

障碍者の人向けにはなるんだけど「障害者就業・生活支援センター」もある。

民生委員も選択肢に・・・なる?

 

 

 

年齢の人は

無理そうなら生活保護しかないんじゃないかぁ・・・。

自分が通院先のケースワーカーさんから提案されたときは、親から世帯分離して家賃3万7000円以下の賃貸に住む。

家族に連絡がいくので「無理!扶養できません!」と答えてもらう。

貯金や車などの資産を持たないこと。

こういった条件を満たせば、受給可能とのこと。取得に協力してくれるNPO法人なんかもあるらしいので、可能なら頼ってみるのもいいと思う。例えば大阪だとNPO法人生活支援機構ALL」

役所の水際作戦も気になるけど、それよりも遥かにプライドの方が邪魔をして生活保護を取るのは難しいのではないか。

 

 

 

就労準備

集団に入るのはまあなんとかいけるけど、働きに出るのは不安で無理というのであれば、職業訓練に行くといい。

ハローワークから紹介を受けられて、基金訓練であれば毎月10万程貰える。ものにもよるけど、スキルや資格も手に入るし、そのまま職の紹介をしてくれる場合もある。就労には繋げられなかったけど、自分は過去2回受けた。

 

無能っぷりで悩んでいるのなら、病院に行ってうまく発達障害と診断されれば障碍者枠の求人が利用できるので、一つの手ではある・・・。自分はまだ活かせていないが。

A、B型作業所が利用できるようにもなるけど、先日見学に行った限りでは、「よっぽど」でなければお勧めはしない。

 

 

 

終わりに

もし周りの人全員が、「ひきこもりに偏見は無く、人生誰でも上手くいかなかったり、つらい時期はあるもんだ。協力できることがあったら言ってくれ!」という感じだったら、ほとんど不安もなく、悩まずに行動できただろうと思う。ひきこもる必要がない。

果たして脱出し、自分の人生を形作れるのか・・・良いこと考えたいよね・・・。

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。