一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

家でも無能

引っ越ししてから、母とその友人と居候の自分という奇妙な関係が始まってからもう時期二か月が経つだろうか。

早くも働いていない暇人な割に、なんもしない人みたいな空気が漂ってきたような・・・。咎める程ではないにしろ、嫌みっぽく親に指摘されることも多く、友人が「そんな言い方をするな」と咎めるこれまた奇妙な感じになっている。

何か手伝うべきだとは常々思ってはいるのだけど、行動に移すのが難しい。

集団生活となると自分の基準や感覚で事を進めるのがとても難しく感じる。自分のやり方や程度でやると、後で文句を言われたりなど。

思えば小学生の頃からずっとそうで、集団になると平均的な基準?目指すべき目標?みたいなのが自然と生まれるじゃない。何故か皆それがわかるようで誰に聞くのでもなく、各々作業を進めるのだけど、自分は皆目わからなくてボーとして、サボってる!と咎められることもしばしば。仕事でも指示待ち・・・では問題なので、聞きに行くんだけど、雑用みたいなパターン外のことがあると困難に感じる。

ともかく、掃除くらいならと、(邪魔になるので)二人がいない時にやっているのだけど、洗濯とか、夕食の支度みたいに「目に見えること」ではないから、気づかれないよなぁ。掃除やってます!なんて誇示する人間にはなりたくないし。

夕食もたまに作るけど、今までは自分が食べる分を適当に作るで事足りていたし、友人程料理のスキルは無い・・・。人に出すと考えるとどうしても負担に感じてしまう。文句言われたり、思われたりしたら嫌だよなぁ。

 

他にも自分がパターン人間で、「流れを崩されるのがストレス」なので、二人にもそういう部分はあるのか?こうしたら文句を言われるだろうか?ああした場合はどうだろうか?と次々に考えてしまって、結局やらない方が安全か?となって、やらず終いになってしまう。何をそんなに恐れているのか?と思われることでしょう・・・・。

 

他人との生活というか、集団生活が無理なのはこういう部分が大きいのだと思う。指示されないとできないダメ人間になってしまう。

一人が気楽だけど、そこまで上り詰められる能力が果たして自分にあるのだろうか。責任を背負っていけるのだろうか・・・。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。