一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

オーロラモデル 九尾の狐巫女

収集に入りかかっているオーロラモデル メタルフィギュアシリーズ。

完成品と違って自分で塗装するため、ちょっとした作品感が出るのが良い。

オーロラモデルさんの作例を真似てるだけだけど、学ぶことが多い。

 

今回は九尾の狐巫女

f:id:evange-cr-c89e:20220407160429j:plain

 

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20220407160448j:plain

 

 

 

下地、白、仕上げの艶消しをエアブラシで、それ以外は全て筆でチマチマと。

オーロラモデルさんの作例が丸い感じの幼顔といった感じだったので、吊り目のキリッとしたイメージで塗装。薙刀に金を入れてアクセントに。

足が欠けていたり、尻尾の下半分が別パーツで、擦り合わせに難儀し、真ん中にでかい穴が残ってしまったが、無事に修正できてよかった。「これは綺麗に修正できるだろうか?」と不安で仕方がなかった。

これから始めたい人は、分割の無い物から入るといいだろう。

目立った失敗は無く・・・と言いたいところだけど、今回もというか陰の入れ方に苦戦。物が小さいので白にグレーの陰をと目立つように強めにコントラストを入れたのだけど、汚くなったような・・・。

べた塗りだと非常に単調になってしまうので、絵でいう「調子」のような感じにしたかった。写真だとわかりづらいなぁ。

 

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20220407162445j:plain

スマホの方が綺麗に写る?

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20220407160503j:plain

そしてでかい。服のデザインや尻尾の関係でそう見えるだけ?これまで買った中で最重量である。ひょっとしてシリーズが違うとか?

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。