一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

若者サポートステーション 仕事力発見セミナー

昨日はデイケア、今日は若者サポートステーション。

仕事力発見セミナーとやらで、要は相手の話の中から長所を見つけようという自分としても関心のある分野だった。

それよりも、まさかこんな展開になるとは!?と予想外の出来事があったけど、まあそんな話はいいです。

 

今日利用者の一人がいて、バーチャルユーチューバーの企画デザインの仕事がしたいと相談していて、チラッと横目でみたらこれが見事なもので「え!?プロの人?」という感じであったし、周りのスタッフも大変感心していた。聞けば、美大出身だとか。

羨ましいですねぇ。自分なんか顔を描けば人相が変わり、最近人物を立体で捉える練習をしているけど、よくわからず苦戦している。成果なんて出せません・・・!

自分の表現が認められ、金も稼げる。一種の理想であり到達点でしょう。

とはいえ、できるが故の苦悩もあるのだろうか。今やネットが発達して、才能を見せる機会が多い・・・というか全国、世界中を相手にするのだろうか。

それだけライバルも多くなり、その中で認められ勝ち進んでいけるのは容易ではないはず。

 

最近思うのだけど、利用者全員がダメ人間(失礼)というわけでもなく、働いている人もいるし、働く意欲があって行動できる人もいるし、こういった自分の能力で稼げる人もいる。ここでも優秀な人はいる。たまたま機会に恵まれなかったのだ。

奥から聞こえてくる相談を聴いても皆それぞれの道を歩んでいるようで、取り残されているというか、落ちこぼれというか、孤独を感じた日であった。無い無い尽くしの自分に何ができるのか。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。