一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

若者サポートステーションは交流には向かないのでは2

今日もデイケアだったんだけど、やはりサポステと比べるとサポステは居場所や交流には向いていない気がする。まあ、就労支援とデイケアを一緒くたにしてはいかんのだけどね。

デイケアでは午前中ソーシャルスキルレーニングをやっていて、その中で自然と意見交換が生まれるし、他人の考えを聴いたり、自分の意見を言ってみたりとこれがなかなか楽しい。

午後の一人羊毛フェルトも初回も2回目も今日の3回目もオタク系女子のOさんが声を掛けてくれて、せっかくだからと誘って一緒に針を刺していた。

慣れない場所、慣れない人々、慣れないルールの中、正直心細かったので本当に嬉しかった。

 

今日の成果。その場の思いつきと感で作ってみた。

 

地域によって差異もあるだろうけど、自分が通うサポステで交流しようと思うと月五回のセミナーになると考えていて、1時間半~2時間程度の時間の内、15分捻出するくらいが精々だと体感する。

さらに来たり来なかったり、席が離れたり、他に席が全然空いているのに隣に想定外の人が座ったりと、そもそも安定しない・・・。

羊毛フェルトデイケアなら2時間使え、一緒に作業するわけだから交流としてはこれ以上ないことだよね。他にもスポーツデイケアボードゲームなんかもありますし、各々好きなことをやりたい人とやる感じだね。

趣旨の違うことを同列に語ってもいかんですけどね。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。